【初心者必見】留学エージェントで働く時に利用したレジュメを解説・公開!

ライターのプロフィール写真 Shohe

188view

バンクーバーへワーホリをお考えの皆さん、こんにちは!

ワーホリに来ると必ずアルバイトを探すかと思いますが、どんなところで働きたいですか??

カナダのワーホリは人生で1回1年しかない、貴重なものです。無駄や後悔をすることなく過ごす為、日本にいるうちからできる事はしっかり準備をする事をお勧めします。

そこで今回の記事では、カナダで働く時に絶対に必要になる英文の履歴書作成についてお話しします。ちなみに履歴書は英語でResume(レジュメ)と呼びます。

英文レジュメの書き方なんて、全然知らないけど大丈夫…?

私も不安は大きかったですが、ワーホリで渡航後、自分で作成した英文レジュメを使用して2社の留学エージェントに採用されました。同じような不安をお持ちの皆さんの為に、その時作成したレジュメを大公開します!!

私のレジュメを参考に、英文レジュメの作り方ルールやコツなどを詳しくお伝えします。

それでは早速見ていきましょう!

目次

  1. 日本語の履歴書との違い
  2. 英文レジュメの書き方ルール
  3. 項目毎に詳しく解説!
  4. 大切な4つのポイント
  5. 最後に

スポンサードサーチ

日本語の履歴書との違い

日本語履歴書と英文レジュメは全くの別物です。

コンビニなどで買う事ができるあの日本語履歴書は、フォーマットが決まっていて項目を埋めるだけのものだと思います。一方英文レジュメは、Wordソフトを使用し、イチから自分で作成する必要があります。

自分で考えて作成しなければならない英文レジュメの方が難しいと私は感じました。でも自由に書ける分、自分のアピールポイントを主張しやすいというメリットもあります!

また、日本語履歴書に当たり前に含まれるもので、英文レジュメには不要なものがいくつかありますので、以下に列挙下糸思います。ご注意くださいね。

  • 証明写真
  • 性別
  • 生年月日
  • 志望動機
  • 趣味や特技
  • 家族構成

カナダでは性別や年齢は重要視されません。固定観念が少なく、一人ひとりを見てくれるのがカナダ社会です。

この文化、私はとっても気に入っています!

名前から性別がわからず、採用後数ヶ月不明だった人もいると友人の飲食店マネージャーは話してました。

英文レジュメの書き方ルール

それでは早速英文レジュメの書き方ルールをお伝えします。自由なフォーマットではありますが、ルールはしっかり守ってくださいね。

サイズ

日本での紙ののサイズはA4(210mm×297mm)サイズが一般的だと思います。お持ちのパソコンでWordを開くと、デフォルトでA4サイズに設定されている方が大半のはずです。

ただカナダを含む北米の多くの地域ではLETTERサイズ(215.9mm×279.4mm)が一般的です。渡航後にレジュメを印刷をすると自動的にLETTERサイズに変換される事も多く、綺麗に書いたフォーマットが崩れてしまうので、書き始める前に設定しておきましょう。

また余白は一番狭いものを設定してください。

紙サイズの設定は、<レイアウト→サイズ>で変更、余白の設定は<レイアウト→余白>で変更可能だよ!

文字

文字も最初に設定が必要です。まず文字サイズは通常12~14ポイントで書きましょう。見出しは14ポイント、本文は12ポイントとしている方が多いようです。

そして英語で書くのでフォントの変更もして下さい。最近はArialCenturyといったフォントが多く使われているようですが、自分が見やすい思うものを使用して下さいね。

書き方ルール

パソコンでの設定が終わったらいよいよ書き始めますが、英文レジュメは基本的に箇条書きで書きます。その際、見やすいように動詞から書くようにしてください。

I, Youや冠詞は不要ですよ!

例) Achieved sales goal which is 20% raise than previous year.

またスペルチェック機能を利用しましょう。ただでさえ留学生という事で言語はネックになるポイントです。レジュメという時間をかけて作成できるもので英語的なミスがあったら致命的!!

このスペルチェック機能はネイティブスピーカーも利用しているそうです。英語を第一言語としない留学生の利用は必須ですね!

そして英文レジュメ上では数字を書く事もたくさんあります。必ずアラビア数字(1.2.3…等)を使うように下さい。

ローマ字で書いた方が文字数は稼げますが、この2つの文でどちらが見やすいか一目瞭然ですよね。

例)
1. Over three years experience in customer service industry.
2. Over 3 years experience in customer service industry.

スポンサードサーチ

項目毎に詳しく解説!

こちらが私が実際に使った英文レジュメです!(個人情報だけ訂正しています)ここからは私のレジュメ参考に、項目毎に解説をしていきます。

ここからダウンロードできるよ!

一般情報

名前は英文レジュメのタイトルになるようなものです。大きめに、一番上に分かりやすく書きましょう。

その下に住所と電話番号、メールアドレスを記入しますが、稀に日本の情報を入れている方を見かけます。これは全く意味のない情報なので、住所、電話番号はカナダで使用するものを記入しましょう。

Objective

この項目は特殊な希望職種がない限り記載不要なので、私は書いていません。

例えば美容師資格を持っていてスタイリストとして働きたい場合は、そのように記載する必要があります(受付など他のポジションは希望していない為)。

レストランの場合「フルタイム / パートタイム」「キッチン / サーバー」等は特に記載しなくて大丈夫です。働き始めてから変わる事もありますし、フレキシブルに対応できる方が仕事は見つかりやすいでしょう。

その上で希望がある場合は面接時やレジュメを送るメール本文で伝えてみると良いと思います!

Profile/Qualification/Summary

この項目では自分の長所を書きます。私は「Highlight of」をつけていた様ですが、なくても大丈夫です。

この項目と後ほど説明する職歴欄が一番ボリュームを出せるポイントなので、たくさんアピールしてください。日本人は謙遜する事が多いので、少し大げさに言うくらいでも良いかもしれません!「レジュメ = 自分のCM」という感じです。

私はとりあえずレジュメを書いて、ページが余ったら最後にこの項目と職歴を付けたしました。

ちなみにProfileは過去の職歴がアルバイト程度の方(主に日本で学生の方)向け、Qualificationは過去に社会人としての職歴がある方向け、Summaryはどちらの方でも使えるようです。

これに関しては英語的なニュアンスの違いだそうですが、参考にしていただくと誤解は招きにくいでしょう。

Work Experience

カナダでは学歴よりも職歴、今までの経験が重視される傾向にあります。その為、この職歴の項目はよりチカラを入れて作成することをお勧めします!

まず大事な1つ目のポイントとしては、

職歴は新しいものから書くという事です。最新のものを一番上に、下に行くにつれて過去のものとなるよう書いてください。

2つ目のポイントとしては、

会社名の下にポジションを書く事です。

特に役職がなかったという場合でも、その会社でどんな仕事をしていたか分かりやすくする為、Marketing AssistantやSales representative等自分で考えて書くようにしてください

またProfile/Qualification/Summaryの項目でも少しお伝えしましたが、この職歴の項目は増やそうと思ったらどんどん増やせるポイントであり、自分をアピールできる一番の箇所です!

  • その会社でどんな事をしていたか
  • どんな事を成し遂げたか
  • 会社にどう貢献したか等

レストランのサーバーであっても、お会計対応、注文を間違いなく取った、その日の在庫を考慮し商品のお勧めをした、綺麗な店内を保つ為率先して掃除を行った…等いくらでも書けると思います。

応募する企業はオフィスワーク。過去の飲食店での経緯が活かせないから、どうやってアピールしながらレジュメを書けば良いかわからない…
全く繋がりのない仕事は専門職でない限りそうそうありません!高いコミュニケーション能力はお客さんだけでなくスタッフ間でも当てはまりますし、注文を間違いなく取れる事はしっかり相手の話を聞く事に繋がりますよね。

Education

学歴は基本的に最終学歴のみで大丈夫です。学校を休学されて留学をする場合は、在籍中と書く事も可能です!

英語での学部や学科の書き方についてはコチラの記事が分かりやすかったので、是非ご覧になってみてください。

Certificate

この項目では取得している資格を記載します。PCスキルやIELTS、TOEICスコアなどを書く人が多いです。

ただTOEICはカナダではあまり知られていないので、満点スコアが何点か等分かりやすく書いてあげると良いでしょう。

日本では多くの方が「普通自動車運転免許」を書くと思いますが、もちろん日本の自動車免許はカナダでは役に立たないので不要です。

役に立たない資格は削除。アピールできるもののみ記載してください。書く事がない場合は項目ごと削除していただいて大丈夫です!!

VISA

私は書きませんでしたが、ビザを記載する方も多くいらっしゃいます。

書く場合はWorking Holiday 2020/01/01~2020/12/31というような、ビザの種類と期間のみ書けばOKです。

ただ期限付きのビザは不利になる事もあります。留学生のみを雇う会社でワーホリ1年丸々あるという状況であれば有利に働く事もあるかと思いますが、なかなか厳しいように思います。

その為、私はビザについてはレジュメ内に含みませんでした。

どうしても面接で聞かれる事ではありますが、レジュメは面接をする為のステップです。わざわざ不利に働く事は加えなくて良いかと感じます。

募集要項にビザ情報を書く旨指示があれば、レジュメを送る際のメール本文に書くかレジュメに後から付け加えて下さいね!

大切な4つのポイント

英文レジュメを書く上で大切な4つのポイントをお伝えします。

  1. 大切な事は先に
  2. 職歴/学歴は新しい順に
  3. 箇条書きで書く
  4. 見やすいフォーマット

大切な事は先に

一番伝えたい事や一番のアピールポイントを先に書いてください。

英語も「~です、~だから」という文法ですよね。だからという訳ではないかもしれませんが、そのような考えが沁みついている人が多いように感じます。

先に要点/結果を言う文化という事もあり、説明を先に話すと「だから結局何???」と思われてしまいます。日本とは逆の発想なので難しく思う方もいるかもしれませんが、相手の立場に沿って書いてあげてください。

職歴/学歴は新しい順に

項目毎の説明時にも少し書きましたが、カナダは今までの経験が重視される社会です。より最近何をしていたか、わかるようにしっかり書いてください。

もし学歴を2つ以上書く場合も同様です。最新のものが一番上に来るように書きましょう。

箇条書きで書く

箇条書きで書く事によって、かなり見やすいレジュメになります。要点を整理して伝えたい事がしっかり伝わるようなレジュメを目指して下さいね!

見やすいフォーマット

採用担当者は一人ひとりのレジュメをしっかり読むほど暇ではありません。

よくレジュメを配りに行ったのに連絡が来ないという声を聞きますが、キャッシャーがレジュメを受け取り、そのままマネージャーに渡していない、渡されたマネージャーが忙しくて忘れている…という事もしゅっちゅうあるそうです

そんな忙しい人にきちんと目を引いてもらえるようなレジュメを作ってください!

最後に

いかがでしたでしょうか?

英文レジュメは志望動機など、応募する会社の詳細は書かないので色んな会社に同じレジュメを提出できます。

今回の記事を参考に、一つ完璧なものを作って、お仕事探しに活かしてもらえれば嬉しいです。皆さんのカナダでの就活を、心より応援しています!

役に立ったらシェアしよう!

この記事のライター

ライターのプロフィール写真

Shohe

20代エンジニア。カナダのワーホリを使って2016.04にバンクーバーへ ✈︎ 独学で英語を学び、ArbutusCollegeでBusinessDiplomaを取得。Telus.incのシニア営業部署。ワーホリ経験が活かせず就職困難の友達が多かったことをきっかけにBokuranoプロジェクトを立ち上げる。

関連する記事

+1