【まとめ】 英語で会話がスムーズになる役立つ相づちフレーズ 5つのシチュエーション

ライターのプロフィール写真 Mia

113view

ワーホリ中、留学中の皆さん、調子はどうですか?

今回はカナダでワーホリをしてるときに便利だと思った役立ちフレーズを「相づち」に的を絞ってお話ししていきます。

会話でいつも同じような言葉を使ってるとか、もっと返しのバリエーションがほしいと思ってる方必見です!

会話中相手気に持ちよく話をしてもらうために欠かせない相づち。具体的な例文と一緒に5つの状況別で見ていきましょう。

目次

  1. とっても便利な一言返事
  2. 嘘まじで!?驚いたときの表現
  3. よかったね、すごいじゃん!褒める表現
  4. もちろんだよ!積極的な返事の表現
  5. そうだよね~と賛同するとき

スポンサードサーチ

とっても便利な一言返事

★☆☆ Cool / awesome /sure
★★☆ Sounds good
★★★ Beautiful

これは私がカナダのレストランや美容サロンで働いていた頃によくお客さんから言われていた言葉です。わかったわ!OK!いいわね!などの代わりに使えます。

例)

The grill is really hot so please be careful. – 鉄板熱いので気をつけてくださいね。
sounds good! – わかったわ!
It’ll take sometime. – ちょっと時間かかります。
sure. – 了解です。
You can keep the menu! – メニューもっててください!
Awesome / cool – どうも。

このように声をかけられたときなどに返事として上のフレーズが使えます。日本だったら「はーいわかりました」と答えるときなどに使えると思います。

いつもThank you で済ませている方にとっても便利なフレーズです。

Beautiful についてはサロンの受付時代にマダムたちからよく言われていたフレーズです。上品なイメージがありますので、ちょっと変わったことが言いたい方はどうぞ

例)

Let me check the schedule. – スケジュールの確認をいたします。
Beautiful. – どうも。

嘘まじで!?驚いたときの表現

★☆☆ Is that true!?/ Really? / Are you sure!?
★★☆ Are you kidding me!?/ For real!?
★★★ You’ve got to be kidding!!

言い方によっては「嘘だよね!?」のニュアンスになりますが、勢いや表情などで調整してください

例)

I heard she passed the exam. – 彼女試験合格したらしいよ。
Is that true!? / Really!? / Are you sure!? – えほんとに!?
I won the lottery!! – 宝くじあたった!
Are you kidding me!?/ For real!? / You’ve got to be kidding!! – え、嘘でしょマジで!?

「For real」 はスラング的な表現です。カナダではよく使われていたのですごくカナダっぽいフレーズだなと思い私はこればかりつかってカナダ人になりきっていました。

ネイティブの口癖を盗む癖をつけてこういったフレーズをどんどん使っていきましょう!

スポンサードサーチ

よかったね、すごいじゃん!褒める表現

★☆☆ That’s great! / That’s amazing!
★★☆ That’s impressive! / Good for you!
★★★ You nailed it!

褒めるときや相手の話を聞いて感銘を受けたときに使える表現ですね!

例)

I’ve been studying for 3 hours. – もう3時間も勉強してる。
That’s great! / That’s amazing! – すごいね、えらいじゃん!
I received very generous scholarship. – 高額の奨学金をもらいました。
That’s impressive! / Good for you! – すごいね!よかったじゃん!
I passed the exam! – 試験受かったよ!
You nailed it!! – すごいじゃん、やったね!

「You nailed it」は「君よくやったね。かましたね。」という感じです。

海外の方々はかなり褒めるのが上手なので日常生活の中ではよく耳にすると思います。自分でもつかって相手に気持ちよく話をしてもらいましょう!

もちろんだよ!積極的な返事の表現

★☆☆ Sure! / why not!
★★☆ You bet! / I’d love to!
★★★ By all means / absolutely

「Sure」と「Why not」と「you bet」はカジュアルな表現です。お誘いや提案をうけてそれに賛同する「もちろん!」の時に使えます。

例)

Do you want to go out with me tonight? – 今日の夜どっか行かない?
Sure! / why not! / you bet – もちろん!

いつも「of course!」ばかりを使っている方に是非使ってもらいたい他の表現です。

「By all means」と「absolutely」は何か許可を求められたときなどにつかえる「もちろんです。もちろんどうぞ。」という感じです。

Can I use the washroom, please? – お手洗いお借りできますか?
By all means. / Absolutely. – もちろんどうぞ

場面に応じて使い分けられると最高です!

スポンサードサーチ

そうだよね~と賛同するとき

★☆☆ right / true / exactly
★★☆ You’ve got a point. / I know right?
★★★ Tell me about it.

「right / true / exactly」

このあたりは日常でよく使いますよね。ザ・相づちという感じです。相手の話に「うん、その通りだね。」などと相づちを打ちたいときに使ってください。

「You’ve got a point」 も同じように使えます。

例)

~. So I thought it was not fair! – ~。だからそれはずるいと思ったんだ!
right / true / exactly/ You’ve got a point – 君の言うとおりだね。

「I know right?」という表現もよく相づちとして使われていますね。「Right」の発音はどっちかというと「wrai?」という感じです。Rの発音らりるれろにならないように注意です。

例)

I think English is really important from now on. – これから英語は重要だと思うんだ。
Yeah I know right? – うんそうだよね。

最後の「tell me about it」は直訳すると「それを教えて」になりますが、相づちで使うと「いや~わかるよ、そのとおりだよね~」という感じのニュアンスになります。

「え、真逆の意味じゃない?」と思う人もいると思いますが、これはもともと ”You don’t have to tell me about it.” という文の、一番大事であろう「You don’t have to」が省略されてこのように表現されるという学説もあります。

「Tell me about it!!!」と言い方を変えると文字通り「何それ教えて!!」の意味になりますので注意。

例)

He speaks a lot and I’m kind of sick of it. – 彼すごいしゃべるからなんか疲れちゃった。
Tell me about it… – うん、わかる。

どうでしょう?日常生活にすぐに取り入れられそうですよね。

ネイティブっぽい表現だからと恥ずかしがらずにどんどん使って自分の物にしていきましょう。

相づちを何種類か使い分けるだけで、かなりできる人っぽくなりますよ!

最後に

いかがでしたか?

今回は日常に簡単に取り入れられそうな簡単なフレーズについての記事を書きました。

会話の中で少しずつフレーズのバリエーションを増やしていって、聞き上手、相づち上手になりましょう。

英語学習中の皆さんの力に少しでもなれたら嬉しいです。一緒に頑張りましょう!

役に立ったらシェアしよう!

この記事のライター

ライターのプロフィール写真

Mia

関連する記事

+1