劇団やヨガまで!?多種多様な言語学校ILSCでの経験と選んだ理由

劇団やヨガまで!?多種多様な語学学校ILSCでの経験と選んだ理由

ライターのプロフィール写真 Nana

102view

バンクーバーに来て多くの人が考える語学学校。バンクーバーには50以上の語学学校があると言われておりますが、どうやって決めたらいいのか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

学校なんてどれも一緒じゃない?
とんでもない!規模や国籍比率、クラスの内容などそれぞれ違うから、自分に合った学校をちゃんと選ぶべき!

正直、バンクーバーの語学学校は結構高いです!しっかりと自分に合った学校を選ばないと勿体無いですよね。

気になる語学学校15校程の情報を印刷し、熟考に熟考を重ねてわたしが決断した語学学校ILSCについてご紹介したいと思います。

今回の記事ではカナダを代表する大規模校として人気のあるILSCについてと、どうしてこの学校を選んだのかをご紹介します

目次

  1. 学校ってどこも一緒?
  2. 130以上の選択科目!?
  3. ILSCを選んで今思う事
  4. ユニークなクラスが多い
  5. わたしが選んだクラス
  6. まとめ

スポンサードサーチ

学校ってどこも一緒?

さぁ、語学学校を決めよう!と調べ始めたわたしが思ったこと…どうやって学校を決めたらいいんだろう?

一見同じようにみえる学校も調べ始めると違いが見えてきました。例えば

  • 生徒数
  • 国籍比率
  • 授業料
  • 立地
  • アクティビティ
  • クラスの種類
  • プロモーション
  • 日本人スタッフがいるかどうか
  • etc…

競争が激しい語学学校では、学校の強みを強調したりプロモーションを打ち出したりしてよくよく見ると違いが見えてきます。

でもだからと言って、特に初めて語学学校に通う人にはどういった学校が自分に合っているのかわかりにくいの現実です。

そんなときは自分が何を優先して決めたいのかはっきりさせること。日本人があまりいないクラスを優先したり、授業料はできるだけ抑えたい…などです。

例えば、大規模校だとクラス分けが細かくてレベルに合ったクラスが選びやすい、小規模校だとアットホームな雰囲気が比較的多いなど、それぞれ違いがあります。

そもそも、何を優先したらいいかわからない人はどうしたらいい?
こういうのは合わないというネガティブなものを消去法で消していくこともできるよ。何かあったときに不安だから日本人スタッフがいないところは避けたい、とか。

ネガティブな事をリストアップして、それがない場所を選ぶのも一つの手ですね!わたしの場合はホスピタリティ系(カスタマーサービス関連)のクラスが選べるということでILSCに興味を持ちました。

130以上の選択科目!?

カナダ国内に 3 つの校舎がある、カナダを代表する大規模語学学校です。興味のあることを学ぶことに対する学習意欲に沿った、それぞれの興味に応じる柔軟かつ選択肢の多いカリキュラムを提供しています。

このILSC、本当に選択科目が多く、カナダで最も多いとも言われています。完全選択制で130以上の選択科目から選べるオーダーメイドで学習できる学校、なんだか楽しそうですよね。

Best School of Canada という賞も何度か受賞している学校で、高く評価されているようでした。自分の学校を良く言うことは簡単ですが、客観的に評価されているのをみると安心でき好印象です。

スポンサードサーチ

ILSCを選んで今思う事

1番良かった事と魅力は、やはり選択肢の多さです。

正直あまり勉強が好きではないわたしは、興味のあるクラスを見つけることができたことが大きいです。

結論、柔軟に選択でき、面白そうなクラスでやる気を出す事ができたので、自分の足りない部分を補えるクラスも合わせて選択していけました。結果、無遅刻無欠席、テストも順調にパスして卒業出来ました!

そしてバランスが良いことも選んで良かったと思える大きな理由です。生徒数や授業料、国籍比率など総合的に見て際立って合わないと思う点が無かったことが決め手になりました。

選択肢の多さと総合的なバランスの良さで選択。生徒数が多い大規模校なだけあって柔軟に対応してくれそうだったのが安心感につながりました。

ユニークなクラスが多い

多種多様なだけあって今まで見たことのないようなクラスもありました。

  • English Through Yoga(ヨガ通して学ぶ英語)
  • English Through Art(芸術を通して学ぶ英語)
  • Acting (演劇)
  • Film(映画製作)
  • Green Leader ship(環境問題)
  • etc…

ヨガ

ヨガを通して学ぶ英語では実際にヨガをしながら身体のパーツや動きなどについて学んでいました。

演劇

演劇はセッションの最後に演劇の発表があり、台本作りから衣装選びまで本格的で驚いたのを覚えています。

自分の「興味」から学ぶ意味

英語を勉強したいけど、文法とかリスニングとか…あんまりやる気が起きないなって方も興味がある分野で英語が学べるとしたら、チャレンジしてみたくなりませんか?

ちなみにIELTSやTOIFL、ケンブリッジ英検などのアカデミック系や医療英語もあり、とにかく手広いのがこの学校のすごいところです。

スポンサードサーチ

わたしが選んだクラス

わたしが選んだコースと、やってみての所感を簡単に説明したいと思います。

主なクラスは以下のクラスです!

  • Storytelling (物語やドラマ、詩やスケッチなどを通して学ぶクラス)
  • Communication (コミュニケーション)
  • Business English(ビジネス英語)
  • English for Travel & Hospitality(旅行業界とホスピタリティ)
  • Pronunciation(発音)

はじめに入学時のテスト簡単な面談でクラスを決めました。1セッション(4週間)ごとにテストがあり、そのレベルによって次のクラスが選択できます。クラスの先生が足りないところを踏まえて次はどのクラスがオススメかアドバイスもしてくれます。

最初に選んだのはオススメされたStorytellingのクラス。物語を通して英語を学んだり、物語を創作して紙芝居を作って発表したり、楽しみながら取り組めたのを覚えています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ILSCに通って実感したのですが、興味のあることはやる気が違いますし、上達も早い、何より楽しいです!

この学校を選ぶきっかけになったクラス、English for Travel & Hospitality(旅行業界とホスピタリティ)のクラスは色々な発見がありましたし、楽しんで学べたのを覚えています。

そして同じ興味を持ったクラスメイトと出会えるので、それも良い経験になりました!

強いて問題点をあげるのであれば、クラスによって選べるレベルが限定されているものもある為、希望のクラスが選択できない場合があります。

基本的にはレベルが上がるほど選択肢が増えますので、気になるクラスがある場合はレベルも考慮して確認することをオススメします。

初級クラスですと基本を身につけるクラスがメインになるので、中級、せめて初中級以上の方にオススメの学校という印象です。

個人的には、希望のクラスを選びたいと思う気持ちが、入学前の勉強やテスト勉強などを積極的に取り組むモチベーションになりました。

やはり興味のあることがプラスになるのは間違いないと実感したわたしは、卒業後もそのやり方を変えずにヨガ教室に通ったり、映画や漫画から英語を勉強したりしています。

もし学校を決めるのに悩んでいる方がいましたら、興味のあることってどんなことだろう?という切り口で考えてみてはいかがでしょうか。

役に立ったらシェアしよう!

この記事のライター

ライターのプロフィール写真

Nana

世界一周旅行、セブ島留学を経てバンクーバーで念願のワーキングホリデー中。旅行が大好きで訪れた国は30か国以上!

関連する記事

+1