休職する程価値はある?休職からカナダ留学して感じる6つのメリット

ライターのプロフィール写真 Asa

84view

現在働いており、海外に行ってみたい気持ちはあるけれど、様々な理由から一歩踏み出だせない社会人のあなた!

実は、私自信、カナダ留学を決意するまで1年以上かかりました。

  • 留学したいけど会社を辞める勇気がない。
  • 休職を認めてもらえそうにない。
  • 退職した場合、帰国後の就職が不安。

など、悩んで悩んで悩みつくしました。なので、悩んでいる方の気持ちがすごく分かります。

日本では、まだまだ「ワーホリ=ホリデー」というイメージが根強く、「仕事を辞めた後に再就職できるのだろうか…?」という不安は常にありますよね。

転職活動をした際、当時のキャリアでさえも

  • これまでの自分のキャリアでどんなことを成し遂げたのか?
  • どんなスキルがあるのか?
  • そのスキルを次の会社でどう活かせるのか?

などの質問に対して言葉に詰まることがあり、転職活動の難しさを実感したにも関わらず、「1年間空白のキャリア」が、いかにリスクが高い事なのかも自覚しているからこそ感じる不安もありました。

この記事では、そんな私が実際に会社を休職してカナダ留学に来た実体験をもとに、会社を離れてまで来てよかったと「価値」を感じる6つポイントついてご紹介いたします。

退職/休職してまで留学するか悩んでいる方の一歩踏み出す一因になれると幸いです。それでは見ていきましょう!

目次

  1. 活きた英語が学べる
  2. 自分の人生について深く考える機会になる
  3. 日本を客観的に見ることができる
  4. 世界中に友達ができる
  5. 視野が広がる
  6. とにかく楽しい
  7. まとめ

スポンサードサーチ

活きた英語が学べる

「留学をせず日本でも英語を習得することができる」と言うのは、語学留学を考えている方には耳が痛い話ですが、これは事実です

ただ、日本で学ぶのと、実際に現地で学ぶのとでは伸びるスピードが全く違うと実感しています。

なぜなら、現地では活きた英語(現地人が使うニュアンスの英語)が学べるからです。

例えば、「You deserve it. 」

直訳すると「~に値する」「ふさわしい」ですが、

「よく頑張ったね!」「(その良い結果は)当然のことだよ!」

という、努力した相手をほめる時に使われる事が多いです。

この言葉は、私が実際に友達にかけてもらった言葉で、強く印象に残っています。現地で学ぶということは、その言葉に出会った時の感情記憶も一緒に脳に刷り込まれるので、日本で座学で学ぶのとでは覚えるスピードが異なるのも当然ですよね。

ちなみに、何か悪いことが起こった相手に対して皮肉っぽく「ざまあみろ!」という風に使うこともできますよ!

自分の人生について深く考える機会になる

どの組織にも属さないため、すべて自分の判断になります。

自分が将来どうなりたいのか、どんな人生を送りたいのか、真剣に考えるとてもいい機会になりました。

それまでは、漠然と「いつかこうなりたい」という自分像はあったものの、具体的にそれを達成したい年齢や時期について考えたことはありませんでした。しかし、留学という特定の期間がクリアになったことによって、必然的に逆算してビジョンを考えるようになりました。

こんなに自分の人生について深く考えたのは初めてです。おかげで、今は、3年後・5年後・10年後のビジョンが明確にあります。

なんとなく生きていくことも一つの生き方ですが、個人的には「目標」や「なりたい自分像」を持って生きた方がやりたいことも具体化できますし、人生を楽しめる気がしています。

スポンサードサーチ

日本を客観的に見ることができる

日本では気づくことのできなかった、日本の魅力に気づくことができます。

低価格高品質

100円あればコンビニで美味しい肉まん、おにぎり、パンが買えますよね。

こちらでは500円だしても、日本と同じくらいのクオリティは期待できません。。。泣

食べ物以外も然りです。

イメージの良さ

とにかく日本に対するイメージが良いです。

「日本人」と言っただけで、「アニメ好きだよ!」「京都行ったことあるよ!」「一番行きたい国は日本」など好意的な言葉をかけてもらえることが多く、日本がこんなに良いイメージを持たれていることを知りました。

日本に生まれてよかった。とカナダに来て何度も感じました。

清潔/美しい街

バンクーバーは、世界で最も住みやすい都市ランキングの上位常連ですが、街はゴミが散らかっていたりホームレスが寝ていたり、私が想像していたよりも汚いです。

でもそれは、日本と比べるからであって、世界的に見れば綺麗な方なんだと思います。

日本は世界でもトップレベルで本当に美しく整備されている国です!

日本で長く暮らしていると日本がすべての基準になってしまって、物事を客観視することはなかなかできませんが、カナダに来てから日本という国の素晴らしさを日々実感し、今、日本人であることを誇りに思います。

世界中に友達ができる

私の場合は語学学校に通っているということもあり、友達ができるスピードが尋常ではありません!

本当にたくさんの人に出会うことができます。

日本に居たら絶対に出会うことのないようなぶっ飛んだ人、魅力的な人、イケメン(笑)、本当に様々です。考え方も国ごとに様々で、そんな友達から日々刺激を受けています!

学校終わりにカフェに行ったり、ビーチに行ったり、サイクリングをしたり、友達と過ごす毎日が楽しくて仕方ありません。年内には、南米に住む友達のお家を訪れるツアーを開催予定で、今からとても楽しみです!

スポンサードサーチ

視野が広がる

日本起点だった狭い視野が世界起点の広い視野に変換されます。すると、自分の悩みがちっぽけに思えてきます。視野が広がることによって物事の捉え方まで変わってきます。不思議です。でも事実です。

私は、新卒で4年ほど同じ会社に努めていたので、視野が「会社」という狭い世界に限定されていたことに留学を通して気づきました。
一度、日本をでて自分の居場所から離れることは、俯瞰的に物事をみれるとてもいい機会だと思います。

この価値観や考え方は、日本へ帰国後の今後の長い人生において活かされると思います。

とにかく楽しい

とにかく毎日が楽しくて仕方ありません!!

カナダに来て2か月経ちましたが、間違いなく今まで生きてきた中で一番楽しくて濃い時間を過ごしています。その理由は、単純に時間が自由に使える事だけではなく、たくさん考えて勇気を出して決断して得た経験だからだと思っています。

これまで、短期留学は何度か経験があったのですが、長期留学をすることが学生時からの夢でした。

それが、今、実現しているのです。

やりたいことができるのは本当に幸せなことです!あの時勇気を出して決断して本当によかったと心の底から思っています。

個人的にカナダ留学は、

  • 新しいことにチャレンジしたい人
  • 留学をしてみたい人
  • 日本を出て視野を広げてみたい人
  • とにかく海外に住んでみたい人

にオススメです。1つでも当てはまれば、即行動すべしです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

留学しようか迷っている方への私からのアドバイスは「絶対に行動に移した方がいい!」という事です。「人生はたった一度きり」です。

私の場合は、有難い事に、結果的に会社から休職を認めてもらえましたが、当初はそんなこと予期すらしておらず、会社を辞めてカナダへ行く予定でした。しかし、退職してワーホリに来たとしても人生経験という意味では価値のあるモノだと感じます。

あの時、会社を辞めるリスクを負ってまで行動したからこそ、今の楽しい生活があります。私のいまの経験は、絶対に日本で味わうことができません。

やらずに後悔よりやってみて成功や失敗から学ぶ!!

是非、みなさまも勇気をだして行動に移し、すてきな留学ライフを送りませんか?

役に立ったらシェアしよう!

この記事のライター

ライターのプロフィール写真

Asa

食べることとおしゃれが大好きな26歳です!♡ カナダ留学を通して自分磨きの真っ最中です!!

関連する記事

+1