diet

留学で太ったなら?健康に痩せるダイエット術!

ライターのプロフィール写真 Asa

141view

留学に来て太ってしまったみなさん、こんにちは!!(笑)

留学中に10キロ太った
留学から戻ってきた友達が太って別人になっていた

など、聞いたことや経験したことはありませんか?!

現に私も、「絶対に太らない!」と意気込んでカナダへ来たものの、2か月で4キロも体重が増加しました。

特に渡航してすぐは友達との付き合いで外食が多いこともあり、まわりのみんなに合わせて食べていたら、あれよあれよと太っていきました。


あまりのショックでその日から生活改善を決意し、1カ月で5キロ体重を落とすことができました。

極端な食事制限などはせず、量ではなく質を変えて健康的に体重を落としました。

食生活を変えると、肌がきれいになったり気持ちが前向きになったりと体重以外にも色々とプラスなことがあることがわかりだんだんと楽しくなっていきましたよ♡

そのため、現在も引き続きその食生活を継続し健康的な生活を送るように心がけています。

適切な体重を保つことは単に見た目だけでなく、病気にかからず楽しく健康的な留学生活を過ごすうえで欠かせないことですよね。

今回の記事では、(おそらく留学中の多くの女性が経験するであろう)体重の増加に対して、どのような生活をすれば健康維持ができるのか、実際に私がカナダで実践している方法をご紹介いたします。

目次

  1. 留学中に太るって本当??
  2. 自炊がカギ!太らないための生活習慣
  3. カナダのスーパーで買えるオススメ食材 TOP10
  4. タンパク質を摂れ!痩せるための1日の食事
  5. ダイエットの敵!NG行動 3つ
  6. まとめ

スポンサードサーチ

留学中に太るって本当??

私の経験から回答すると「本当」です。

もちろん個人差はあると思いますが、留学中に太ってしまった人を何人も知っています。

理由は、

  • 日本に比べて圧倒的にジャンクフードが多い
  • とにかく量が多い
  • 色んな国の料理が食べられる→外食が多くなる
  • まわりのみんなが体形を全く気にしていない

などが挙げられると思います。

バンクーバーは物価が高いことで有名ですが、ピザやハンバーガーなどのジャンクフードはとっても安く簡単に手に入ります。

節約したい留学生にとっては、安くて簡単にお腹を満たせちゃうのでついつい手が伸びちゃいますよね。

また、「まわりの目を気にしない文化」が太る原因の1つだと思います。

本来、まわりの目を気にしないことはとてもいいことなのですが、ダイエットにおいては完全にマイナスです。

自分が太っていることに全然気づかないからです!!笑

まわりと比べるのではなく、過去の自分と比べるように心がけましょう。

また、定期的に体重計に乗って自分の状態を知ることも大切です。

自炊がカギ!太らないための生活習慣

当たり前ですが、とにかく自炊をしましょう!!

バンクーバーは美味しい食べものがたくさんで、Uber eatsなどのデリバリーも充実しているので、どうしても外食の機会が多くなってしまいます。

ですが、外食生活を続けているとあっという間に太ります。

なるべく自炊をして、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう♪♪

お金に余裕があれば、サラダボウルなどのヘルシーフードを外で食べることもできますが、外食のヘルシーフードはとにかく高いです。

5キロ痩せるために下記を徹底しました。

  • お米をオートミールで代用
  • お菓子・ジュールをやめる
  • 水を1日2リットル飲む
  • 野菜・タンパク質をメインで摂る
  • 17時までに夕食を終わらせる

1か月、自炊をしながら上記を徹底して痩せることができました。

※のちほど、1日の食事を紹介いたしますね!

私が取り入れた方法は、軽い糖質制限です。

カロリーを制限するわけではないので量はそこまで気にしませんでしたが、とにかく食べるものの質を上げることを重視しました。

また、単に痩せるだけではなく筋肉を付けながら健康的に痩せたかったので、タンパク質を多く食べること、適度な運動も心がけました。

友達との外食はどうしてた??
外食時は、ダイエットのことは気にせず楽しく食べていました!

1度食べたくらいじゃ太りません。

次の日、その次の日、、、とだらだらと食べ続けることによって太ってしまうので、外食のあとはしっかりと切り替えて調整することが大切です。

スポンサードサーチ

カナダのスーパーで買えるオススメ食材 TOP10

では、実際に私がダイエット時に食べていたオススメ食材TOP10をご紹介致します。

基本的に、カナダにあるスーパーであればどこでも手に入れることができると思います!

1日に最低3個は食べていました。

筋肉を作るために必要なたんぱく質が豊富に含まれています。

12個入りで、3ドルほどで手に入ります!

鶏肉

こちらも筋肉を作るために欠かせないです!

お肉の中でも鶏肉はカロリーが低く栄養もたっぷりです。

ただ、値段は日本に比べて高いです。

バナナ

糖質は少し高いのですが、ビタミンやミネラル、食物繊維がバランスよく含まれています。

値段も安く、手軽に手に入ります。

オートミール

本当に優秀です!!!

日本だと、あまり知られていませんが海外の朝食では定番のようですね。

食物繊維が豊富で腹持ちもよく、ダイエットには持ってこいです!

ブロッコリー

ブロッコリーは野菜の中でもとっても優秀!

ビタミンCが豊富なだけでなく、他の栄養素もバランスよく含まれています。

毎日欠かさず食べています。

値段もお手頃です。

野菜サラダ

日本と同じように、そのまま食べられるような野菜のパックです。

値段は日本に比べるとかなり高いですが、健康な食生活に野菜は欠かせない!

アボカド

「食べる美容液」とも呼ばれているほど栄養たっぷり!

少しカロリーが高いので食べ過ぎには注意です!

納豆

カナダで納豆が食べれるとは思っていませんでした。

アジア系スーパーには、ほぼ100%置いてあります。

もちろん値段は日本より高いですが、納豆は欠かせません。

ヨーグルト

腸内環境を整えて便秘を解消してくれる!

ただ、甘い味付けや脂肪が多いものが多いので、脂肪0のヨーグルトを選ぶようにしていました。

味噌汁(ワカメ)

日本から大量に持ってきましたが、カナダでも買えます。

発酵食品の味噌汁は栄養たっぷりで、ワカメは食物繊維たっぷりです。

1日1杯飲むことを心がけています。

基本的には、毎回同じものを買って組み合わせを変えながら食事をしていました。

とにかく、栄養たっぷり・食物繊維たっぷりの体に良いものだけを摂取するよう努めました!

タンパク質を摂れ!痩せるための1日の食事

長期的に痩せるには、筋肉量を落とさないことが大切です!

そのため、筋肉を作るたんぱく質を積極的に摂れるような食事を心がけました。

1日のメニューを紹介します。

朝食 7:00

  • 味噌汁
  • オートミールバナナパンケーキ
  • 野菜サラダ(ブロッコリー、アボカド、トマト、サラダチキン)
  • バナナ

昼食 12:00

オートミールの上に、納豆・アボカド・ツナ・ブロッコリー・キムチ・半熟卵

夕食 17:00

野菜サラダ(豆腐・トマト・アボカド・卵・ツナ・ブロッコリー・ワカメ)

間食も食べていました!

豆腐にはちみつをかけたり、ヨーグルトにドライフルーツをのせて食べたりしました。

たまに無性に甘いものが食べたくなる時があったので、そんな時は我慢せずにお菓子も食べていました◎

スポンサードサーチ

ダイエットの敵!NG行動 3つ

では、どんな行動が太りやすくなるのでしょうか???

✖寝る2時間前に食べる

寝ている間は起きている時よりも活動量が少なくなり、食べたエネルギーを寝ている間に消費しきれずに溜め込んでしまい太りやすくなります。

また、睡眠の質も下がってしまうので寝る2時間前には夕食を済ませましょう!

✖パンやお菓子をよくたべる

パンやお菓子には、恐ろしい量の糖質が含まれています。

たまに食べるのは良いですが、習慣で食べているのであれば太りやすくなります。

お菓子などは、買いだめしないことをオススメします!

✖運動不足

当たり前ですが、運動不足は太りやすいだけでなく健康にも良くありません。

ハードな運動でなくても、1駅分歩いてみたり、軽いストレッチをしたり、小さいことからチャレンジしてみましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか?

留学で太ってしまったみなさん!

今からでも間に合います!!

私が成功したように、カナダでもダイエットをして体重を落とすことは可能です。

せっかくの留学の思い出の写真なのに、そこに映る自分の姿が太っていたら嫌ですよね((+_+))

もちろん、食べなければ痩せますが、とても不健康ですし筋肉量が落ちてリバウンドの原因になってしまいます。

楽しく健康的な留学生活を送るためには体力も必要ですよね!

ぜひ、今回ご紹介した食生活で健康でヘルシーな留学生活を送ってみませんか??

役に立ったらシェアしよう!

この記事のライター

ライターのプロフィール写真

Asa

食べることとおしゃれが大好きな26歳です!♡ カナダ留学を通して自分磨きの真っ最中です!!

関連する記事

#ダイエットの記事

目次

    0 claps +1
    +1